日本での流行色の決め方はこーんな感じ。

流行色は2年前に決まっているとは聞いたことはありますか?

今季のトレンドはコレ!!

春はこの色で決まり!!

というようなキャッチフレーズがファッション誌には載っていますがどうやって流行色って決めとるんじゃ?というのを見ていきます。

 

流れはコレ。

2年前 インタカラー(国際流行色委員会)で選定
1年半前 各産業界の専門家で構成される専門委員会にて選定(日本はJAFCA)
  (素材展示会)
 1年前  商品企画
  ( コレクション)
実シーズン   マスコミによる宣伝と販売

 

インターカラー

インターカラー:国際流行色委員会:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)

  • 発足は、1963年
  • 本部はパリ
  • 国際間で流行色を選定する世界で唯一の機関
  • ここで2年後に流行らせたい45色を決める
  • 加盟国15か国(2016年3月現在)
インターカラー加盟国
01:中 国 /China Fashion Color Association (CFCA)
02:フィンランド /Federation of the Finnish Textile Industries
03:フランス /Comité Français de la Couleur(CFC)
04:ドイツ /Deutsches Mode Instutut(DMI)
05:イギリス /The British Textile Colour Group (BTCG)
06:ハンガリー /L’Institut de la Mode Hongroise
07:イタリア /Italian Color Insight(COLORIS)
08:日本 /Japan Fashion Color Association (JAFCA)
09:韓国 /Korea Color & Fashion Trend center (KCFT)
10:ポルトガル /Centro Tecnológico das Indústrias Têxtil e do Vestuário de Portugal (citeve)
11:スペイン /Escola Superior de Disseny(ESDi)
12:スイス /Schweizer Textil-Moderat
13:タイ /Thailand Institute of Fashion Reserch(inFASH)
14:トルコ /Turkish Clothing Manufacturers Association
15:アメリカ/Cosmetic Executive Women(CEW)
(国名 / 代表団体名) 
ともチャマ
え…世界で15か国しか加盟してないの?
みあちゃん
うん。
ともチャマ
流行に遅れちゃうしょ!

 

みあちゃん
うーん…そもそも流行って先に決めるものなのかね?
流行って何かね?って思ったら、15か国しかいないのもなんとなくわかる気がするし、アメリカは加盟してるけど流行色を事前に決めたりはしないしね。
ともチャマ
どうして?

 

みあちゃん
人気が出るからトレンドなのに、先に決められた流行って何?って言われて流行色決めても従わないんだってさ。

 

ともチャマ
なるほど~

 

日本市場ではJAFCAが決める

  1. 一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)の代表がインターカラーの会議に出席
  2. JAFCA代表が日本に会議の結果を持ってくる
  3. 協会加盟の専門委員が会議(色選定会議委員会)
    (メ ーカーの企画担当、マーケティング担当、デザイナー、バイヤーなど)
  4. そこで選ばれたものをJAFCAアドバンスカラーとし、国内市場へトレンドカラーとして発表
  5. 半年後、布 や素材のサンプルJAFCAファッションカラーを発表

まだ、流行色は決まってない。

 

商品企画も同時進行

日本の合繊メーカーもまた別なトレンドを発表するので、JAFCAファッションカラーと合繊メーカーのトレンドを合わせて、それぞれの会社(メーカー・業界)で会議をしてカラーサンプルが作られます。

それから発表されるのが。JAFCAアセンディングカラー(アップトレンドカラです。

えぇ。やっと流行色決定です。

みあちゃん
アドバンスカラーを軌道修正して、小売を意識した特に流行しそうな色を提案するのです。
みんなで使うためにはみんなの声を取り入れないとね。

 

ファッション情報が発信される

このJAFCAアセンディングカラーを使ってコレクションやアパレル展示会が開かれます。

マスコミが消費者に向けて、ファッション情報や作品の写真や動画などを伝えます。

一般向けの雑誌にも流行色の話を取り上げます。

そして、流行色を取り入れた商品が店頭に並ぶのです。

 

海外では

インターカラー会議のあと、各国でトレンドカラーとデザインの方向性を決めます。

決め方はそれぞれの国で違いますが、パリの「プルミエールビジョン」という国際的に大きな素材展は大きな影響を与えています。

 

まとめ

こんな感じで流行色というのは決められています。

流されるのも物が増えるばかりだし、頑固に拒否するのもよくわからないので、

必要なものを必要なだけ取り入れることができればいいな~と思います。

 

ちなみに・・・

私が流行色の情報を仕入れる理由は、「今季何を買おうか」の参考です。

今季の流行色はサマータイプに最適だな!

今季の流行素材はウエーブタイプにオススメだな!

 

流行ドンピシャ=似合うものがたくさん売っている期間

と考えています。

 

流行ってるうちにいいもの買っとこ♡

 

参考サイト

 

ブログの更新情報はLINE@で。
友だち追加数