仮面心理学ファシリテーター養成講座

「仮面心理学」とは

その人が持つパーツにより、感情・思考・潜在意識の傾向を推し量る学問です。

ということは、これが自分かな?と、パーツによって自分を知れば、心を整える方法が手に入るようになる、ということです。そして、仮面心理学が最も大切にしていることは、絶対値で判断するのでなく、相対的に見ていく、ということ。自分にはこのような傾向があるけれど、2人でいるときそれはどのような作用をもたらすのか。複数人でいるときにはどうなのか。人間は、人と関わりながら生きています。なので、自分はこうだ!と思っていても一緒にいる人との関係で、それは、変わってくるのです。その変化が、顔のパーツで見てわかる。そうなのです、人の顔をみるだけでコミュニケーションは、円滑になる、そんな見方を教えてくれるひとつの方法が仮面心理学。
脳科学と統計学から生まれた仮面心理学礎は人相科学(パーソノロジー)。それは、犯罪者の顔顔と行動や思考の傾向から生まれ発展した科学なのです。
人相科学(パーソノロジー)の生みの父アメリカのエドワード・ジョーンズは、20世紀、裁判所の治安判事でした。数千人もの犯罪者の顔に、共通の特徴があることに気づくようになった彼は、被告人の顔と犯罪内容が、顔を見ただけで正確に推測できるようになったのです。そこが人相に対する研究の始まりでした。そこから、顔のパーツを脳科学の観点から正確に考察し、※150項目に及ぶパーツを2万人以上のデータを基に、85%以上の精度で正確であることを確認した最新の学問となりました。それが「仮面心理学」です。
※150項目のうち、68項目については95%以上の精度が確認されています。

これは、個々の人相を理解する一つの方法であり、ひとつの方法論です。

 

 

仮面心理学ファシリテーター養成講座とは

仮面心理学入門クラスのことです。

人相科学(パーソノロジー)の150項目以上のパーツの中から、人間関係や自己発見に活かせる重要な10パーツを限定してお伝えします。

◎日本キネシオロジー綜合学院石丸賢一氏による「入門講座修了認定証」を発行します。
◎仮面心理学協会認定インストラクタークラス受講資格が取得できます。
◎開示OKの2パーツを使ってお茶会を開催可。個人セッションなどにも活用いただけます。

 

 

仮面心理学を本格的に学び、自分を、他人を、深く知る

入門講座では150項目にも及ぶパーツから日常生活で使いやすく最重要とされる数項目含め、10項目(10パーツ)の見方、パーツの持つ意味をお伝えします。

感情の法則

  • 感情の寛容度
  • 感情の表現度
  • 判断の多様性
  • エゴバランス

思考の法則

  • 思考の処理速度
  • 興味の対象について
  • 競争心

潜在意識の法則

  • 簡潔表現について
  • 無意識に与えるとは

入門講座では150項目にも及ぶパーツから日常生活で使いやすく最重要とされる数項目含め、10項目(10パーツ)の見方、パーツの持つ意味をお伝えします。
そして、身体法則の基本である神経反応にかかる速度について、これらから、自分の脳の性格を確認し、この能力を伸ばすためにすること、また、必要な場面でどう意識コントロールをすればよいのかなどを、具体的に実例を交えてお伝えします。

★入門講座を修了すると日本キネシオロジー綜合学院・石丸 賢一氏仮面心理学協会からのファシリテーター認定証が発行されます。

 

ファシリテーターになると

・個人で活かすことができる
・レジュメに添った体験ミニ講座を開催できる
(開示許可の2項目について公の場所で、お話することができます。入門クラス・シリーズ講座を開催できるのは認定インストラクターになります)

 

受 講 料:58,000円(テキスト代及び認定証代8,000円を含む)
受講期間:2日間

 

詳細は・・・
仮面心理学協会ホームページ
http://www.mask-psychology.org/